【ITエンジニアとは?】梶田政宏のITエンジニア転職講座:第一回

2016年8月24日

 

【ITエンジニアとは?】梶田政宏のITエンジニア転職講座:第一回

 

1.ITエンジニアとは

こんにちは。アビリティスタッフの梶田です。今回はITエンジニアについて解説しようと思います。

特に昨今ではものづくりに興味を持つ方が増えており、当社にもそういった方の相談が増えてきております。

私自身が最初に入社した会社ではエンジニアとして採用されました。

学生の頃は機械工学を専攻していたため授業などでコンピュータを触る機会があまりなかったのですが、ちょうどCADと言われる図面をコンピュータで作図するソフトウェアが世の中に出始めていたため、卒業研究ではコンピュータを使ってバネの動きをシミュレーションするソフトウェアを作ったのが初めての本格的なプログラミングでした。(ソフトウェアとはごく簡単に言うとコンピュータを動かすためのプログラムと思ってください)

ただ、エンジニアという職種をあまり良く知らなくて、社会人になってからようやくエンジニアの仕事や業務内容を理解できるようになったと思います。

今ではITエンジニアは一般的な職種の一つとなり身近なものになりましたが、それでも知らない方から見ると具体的な仕事内容や実際の業務内容、働き方、給与やカルチャーなどまだまだよくわからなく不明なところが多いと思います。

特に未経験でIT業界に飛び込もうとしている方にとってはあまり知る機会がないのではないかと思い今回ブログでITエンジニアについて解説してみようと思います。

しかしながらITエンジニアをひとくくりにして説明するのはなかなか難しいのである程度は端折りながら、それでもなるべくわかりやすく書いて理解してもらえればと思っています。

 

ITエンジニアをWikipediaで調べると、

 

ITエンジニア(IT技術者、IT Engineer)とは、情報技術(IT)を専門とする技術者を指す。

情報に関する技術には、情報処理や情報通信(ICT)が含まれるが、技術革新に伴い、その対象となる専門領域は拡大する。

 

と記載されています。

ITに関わる技術者全般となっていますが、ITに関わるというところがミソですね。逆に言うと技術者のうちITに関わっている方は概ねITエンジニアと言っても良いでしょう。

一番わかり易いのは、ソフトウェアを開発している企業に属しているエンジニアですね。

大手ですとNTTデータ、日本ユニシス、伊藤忠テクノソリューションズ、ITホールディングスなど主にお客様からソフトウェアを開発する仕事を受託して、ソフトウェアを作成してお客様に納品する、という業務を行っているケースです。

ソフトウェアという言葉を使っていますが一般的な現場ではシステムと良く言っています。システムとはソフトウェアだけではなく、ソフトウェアを動かすためのハードウェア(PCやサーバなどの有形物)やネットワークなどの通信関連、他にはデータベースなどのミドルウェアなど関連するすべての集合体の総称と考えていただければと思います。

また、システムの中で利用するハードウェアやネットワークなどを整備して利用できる状況に仕立てあげる仕事をしている方もITエンジニアと呼ばれます。

ハードウェアやネットワークはソフトウェアを稼働させるためのインフラ(インフラストラクチャーの略)として位置付けられています。ソフトウェアを自動車に例えると、インフラは道路や橋、トンネルと考えればわかりやすいかもしれません。

上述したようにITエンジニアは、ソフトウェアを開発するエンジニアをソフトウェア開発エンジニア、インフラを構築するエンジニアをインフラエンジニアと呼ぶことが多いです。

次回はこの2種類のエンジニアについてもう少し詳しく説明してみます。

 

梶田政宏

文:梶田政宏(アビリティスタッフ株式会社 代表取締役社長)

 

転職講座第二回

◇法人の方も個人の方も、アビリティスタッフへのお問い合わせはこちらです。

無料転職カウンセリングを渋谷オフィスで行います。


まずはお気軽に「カウンセリング希望と書いてお問い合わせ下さい。」


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。

・お問い合わせはこちら

◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社