「プロティアン・キャリア」ダグラス・ホールのキャリア理論②

2016年8月24日

前回に引き続き、ボストン大学マネジメントスクール教授ダグラス・ホールのキャリア理論を取り上げます。

ダグラス・ホールはキャリアについて以下のような新しい定義をしました。

・キャリアとは、成功や失敗を意味するものではないく、早い昇進や遅い昇進を意味するものでもない。

・キャリアにおける成功や失敗は、キャリアを歩んでいる本人によって評価されるのであった、研究者・雇用主・配偶者・友人といった他者によって評価されるわけではない。

・キャリアは行動と態度から公正されており、キャリアを捉える際には、主観的なキャリアと客観的なキャリア双方を考慮する必要がある。

・キャリアはプロセスであり、仕事に関する経験の連続である。

プロティアン・キャリアの概念の誕生

プロテウス

 

ホールがキャリアについてこのような定義をした背景には、1980年代の社会における構造改革がありました。

ホールの主張によれば、構造改革により、個人と社会組織の間の「心理的契約」が変化したことが原因とされます。

特徴的な変化として、人々にとってキャリアとは、組織内のキャリアから、個人の仕事における心理的成功を目指す自己思考的なキャリアへの変貌を遂げました。

ホールは、キャリアとは「組織によってではなく、個人によって形成されるものであり、キャリアを営むその人の欲求に見合うようにその都度方向転換するものである」との主張を行いました。

これを変幻自在の意味を持つ、ギリシャ神話のプロテウスになぞらえ、
「プロティアン・キャリア」と表現しました。

 

次回はダグラス・ホール「プロティアン・キャリア」についてより、具体的な解説を致します。

 

編:アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

この求人のお問い合わせは今すぐこちらのフォームからどうぞ!
求人タイトルを添えて、メッセージがありましたら
なんなりとご記入下さい。

アビリティスタッフよりご返信差し上げます。
お気軽なお問い合わせでOKです。

フォーム入力後2営業日たちましても、返信がない場合は
システムのエラーが考えられますので、お手数でございますが
再度ご入力もしくは、下記ホームページからお問い合わせ下さい。
【簡単お問い合わせフォーム】

お名前 (必須)

性別 (必須)
男性女性

年代(必須)
20代30代40代

メールアドレス (必須)

求人タイトル(必須)

「転職について」ご選択下さい。(必須)

今回の相談内容をご選択下さい。(Ctrlキーで複数選択可)(必須)

メッセージがございましたらどうぞ。

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認


◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら

 



無料転職カウンセリングを渋谷オフィスで行います。


まずはお気軽に「カウンセリング希望と書いてお問い合わせ下さい。」


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


・個人の方のお問合せはこちら


・法人の方のお問合せはこちら



◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社