ダグラス・ホールのキャリア理論①「キャリアとは何なのか」

2017年7月7日

私たちが、キャリアアップやキャリアチェンジなどとキャリアという言葉を使うとき、いったいそのキャリアとは何を意味しているのだろう。

昇進や役職といった職務や職位であったり、またそれらを実現してきた個人の経歴や専門的な能力を意味するのが一般的と捉えられているのではないだろうか。

キャリアとは何か

ボストン大学マネージメント・スクールにおいて組織行動の教授を務めるダグラス・ホールはキャリアについて独自の定義を行っている。

・キャリアとは、成功や失敗を意味するものではないく、早い昇進や遅い昇進を意味するものでもない。

・キャリアにおける成功や失敗は、キャリアを歩んでいる本人によって評価されるのであった、研究者・雇用主・配偶者・友人といった他者によって評価されるわけではない。

・キャリアは行動と態度から公正されており、キャリアを捉える際には、主観的なキャリアと客観的なキャリア双方を考慮する必要がある。

・キャリアはプロセスであり、仕事に関する経験の連続である。

 

ホールがこのようにキャリアを定義した背景には、1980年代の産業社会における構造改革がある。
この構造改革によって、個人と会社など組織の関係性が変化した。

その中で従来のキャリアというイメージから、新しい自己思考的なキャリアに変化をし、それをホールは「プロティアン・キャリア」とした。

次回は・・プロティアン・キャリアの概念について解説します。

「プロティアン・キャリア」ダグラス・ホールのキャリア理論②

 

編:アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

 

おすすめ記事

キャリアを通じて社会に変化をもたらす「統合的ライフプランニング理論:サニー・ハンセン」

転職におけるトランジションと4Sツール:ナンシー・シュロスバーグ【前編】|アビリティのキャリア心理学

ダグラス・ホールのキャリア理論①「キャリアとは何なのか」

正しいキャリア自己概念で転職を成功に導く。:ドナルド・スーパーのキャリア理論①

飯炊き三年・・は古くない。「正統的周辺参加」で本物のスキルを身に付ける。|アビリティスタッフの転職・キャリア理論

「弱いきずな」がキャリアの成功を導く・ウイーク・タイズの理論

世界にひとつだけの花転職のリスク|クランボルツのプランド・ハプンスタンス・セオリー

オーガニックパンケーキとキルケゴールに見る転職と幸せの心理学|転職・キャリアのメンタルケア

 

 

button08_toiawase_04

 

◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社

 

◇アビリティスタッフ・Facebookページでも最新の情報をお届けしています。

アビリティスタッフ株式会社・Facebookページはこちら。