プロマネ泣かせの進捗遅れと求められるスキル

2016年11月15日

こんにちは。アビリティスタッフの高山です。





プロジェクトマネージャーにとって進捗遅れは悩ましい課題です。


本日はそれに対して求められるスキルについて、お届けします。

 

◆プロマネ泣かせの進捗遅れと求められるスキル

アビリティスタッフ代表 梶田政宏

 

以前、とある日経の雑誌に
「進捗遅れを無くす」


特集が組まれていました。


私がITエンジニアであった


80年代後半から


20年以上経ちますが


進捗管理は相変わらず大きな課題ですね。




ただ、その頃に比べてより一層


お客様も、お金も、人も


余裕が無くなっているので


現在のプロマネの方が


プレッシャーも相当大きいでしょう。




この雑誌の中で、日立システムアンドサービスが


面白い調査をしています。


実際に手がけたシステム開発プロジェクトを


進捗とプロマネの性質について


分析したところ


1位:コミュニケーション


2位:ネゴシエーション


3位:ユーザ志向


だったそうです。




やはり、と言うか


コミュニケーションの能力が高ければ、


より多くの課題や情報を


良いタイミングで入手できるため


早め早めの対応が取れるのでしょうね。




コミュニケーションが難しいのって


良い状況の時であれば


誰でも報告はしてくれるし


素直に指示に従ってくれますが


遅れたり、間違ったりなど


ネガティブな状況の時は


なかなか担当者などから


情報が上がってこないケースが多く


こういう状況の時に初めて


コミュニケーション能力が


発揮されると思うんです。




そのためには


予め嫌なことを言える勇気と共に


仕組みや風土などを構築する


多角的な能力が


必要だと思います。




コミュニケーション能力だけでなく


このような幅広い人間性が


今のプロマネには求められて


いるんでしょうね。



アビリティスタッフ代表取締役社長 梶田政宏

編:アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら

 



無料転職カウンセリングを渋谷オフィスで行います。


まずはお気軽に「カウンセリング希望と書いてお問い合わせ下さい。」


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


・個人の方のお問合せはこちら


・法人の方のお問合せはこちら



◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社