なぜ元エンジニアの社長がエージェントを始めたのか【その2:アビリティスタッフ誕生秘話 】

2016年11月30日

こんにちは、転職エージェント、アビリティスタッフの高山です。


前回に引き続き、弊社社長梶田がなぜ転職エージェントを始めたのかについて、書かせていただきます。




梶田は元エンジニアです。


元エンジニアの社長がなぜ人材紹介のエージェントを始めたのか、割りと多くの方が興味を持っているようで当社に来られた方はほとんど社長になぜ?と聞いています。


前回ブログでもご紹介させていただきましたが、子育てをしたいので社長という職種をまず決めて、それから人材紹介エージェントをすることに決めたのですね。




今回はなぜエージェントを選択したのかというところですが、これは遡ること十数年、2001年にある出会いがあったからだそうです。




当時社長は求職者として当社アビリティスタッフに相談に行ったそうです。




えっ!アビリティスタッフって梶田さんが立ち上げたんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが違います。


梶田は2代目の社長なんですね。立ち上げたのは初代の古屋さんという方なんだそうです。


私もお会いしたことはないのですが古屋さんも元エンジニアで、相談に行った梶田の話をすごく真剣に聞いいていただきアドバイスをしてくれたそうです。




その時、梶田は世の中にエージェントという職業があることを知り興味を少し持ったそうです。


いずれは目の前にいる個人の方に対するリアルなサービスをしてみたいと漠然と思っていたそうですがこの時の出会いが今につながっているわけですね。


それ以降も梶田と古屋さんはお互い行き来して親交を深めたそうです。


2007年のとある日、すでに前職を辞めることが決まっていた梶田のもとに古屋さんからアビリティスタッフの社長を退任して会社も閉鎖しようと考えていると連絡があったそうです。


その際梶田はこのタイミングでこのような話をしてくれたのはなにか縁があるに違いないと思い古屋さんに1年だけ退任を待ってもらいその間自分は修行させてほしいと伝えてアビリティスタッフにジョインしました。




必ず結果を出すから子育ての時間帯だけは自由にさせて欲しいとお願いして了解をもらったそうです。


そして予定通り1年後古屋さんから社長を任されたそうです。


ちなみにお子さんが保育園に通っている間は朝と夕方の送り迎えはほとんど社長が行ったとのこと。




ある意味社長はアラフォーでキャリアチェンジしたことになるのです。




【その3に続く】

文:アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら

 



無料転職カウンセリングを渋谷オフィスで行います。


まずはお気軽に「カウンセリング希望と書いてお問い合わせ下さい。」


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


・個人の方のお問合せはこちら


・法人の方のお問合せはこちら



◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社