「デジタル・フォレンジック」|ヘッドハンターが注目するキーワード①

2016年11月15日

こんにちは。


IT・インターネット業界に強い転職エージェントのアビリティスタッフです。


今回も高山がご案内します。




さて、今回から新コーナーとして、「アビリティが注目するIT・WEB業界企業の注目のキーワード」を取り上げたいと思います。




これは、アビリティスタッフが採用に関する依頼を受けた業務の中で注目した業界のIT関連のキーワードを抽出し、トレンドなどを共有させていただく試みです。


ヘッドハンティングを依頼するなど、採用を強化する企業は伸びている企業ですからから、業界のトレンドを発見することが出来ますね。




第一回は「デジタル・フォレンジック」です。





 

◆デジタルフォレンジック(Digital Forensics)とは。





「企業内部における不正行為や事件、犯罪行為の発生時に、企業内外からコンピューターに行われた不正アクセスなどを鑑識、抽出する行為。」




コンピュータ内部や外部記録媒体(HDD、USBメモリ)などに残された電子記録を解析し、事件に関わる証拠として抽出、解析する技術です。




「コンピュータ・フォレンジック」とも呼ばれます。




もともと、「フォレンジック」という言葉は、「法廷の、裁判に関する、法医学的な、法医学の」といった意味を持っており、デジタルデータに関わる捜査ということでデジタルフォレンジックと呼ばれています。


またデジタルフォレンジックは単にフォレンジックとも呼ばれます。






あらゆる業界の企業がIT技術に依存している現代、その企業で不正や事件が行ったときに、システムやネットワーク上から正確な証拠を抽出する必要があります。


いわゆる「デジタル鑑識」と呼んでもいいもので、高い専門性と公平性が必要となります。

 
 
あらゆる業界の企業活動で高度なIT化が進む中、様々に予想される不正やトラブルの中で、デジタルフォレンジックの技術がますます注目を浴びて来ています。







アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら

 



無料転職カウンセリングを渋谷オフィスで行います。


まずはお気軽に「カウンセリング希望と書いてお問い合わせ下さい。」


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


・個人の方のお問合せはこちら


・法人の方のお問合せはこちら



◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社