転職の面接で、自己アピールと同時に必要なスキルとは。| 梶田政宏の転職エッセイ【面接編③】

2017年7月6日

 

 

こんにちは、アビリティスタッフの高山です。


今回は、転職の面接のお話、第三回。


面接というと、いかに自分をアピールするか、が勝負になってきますが、それ以前に大切なものがある、というお話です。


いつのまにか、自分のことばかり、話過ぎていませんか?

 

◆面接では、自己アピールと同時に必要なスキルがあります。
  

 梶田政宏の転職エッセイ【面接編その③】






こんにちは、アビリティスタッフ・代表の梶田です。



皆さんは、なんとか話そう話そうということに意識が


集中してしまうことはありませんか?


面接は、とにかく話して、アピールしないと、


と思ってしまうことも十分理解できますが、


面接は、コミュニケーション能力が試される場です。


コミュニケーションとは、相手と自分とのキャッチボールです。


相手が投げたボールをしっかり見て、キャッチしないと


投げ返すことは出来ません。


つまり、


相手が何を言っているのか?


何を求めているのか?


どのような回答を期待しているのか?


などなど、しっかりと理解しなければいけません。


これは、つまり相手の話している言葉をい聞き取り


相手の要求をしっかりと理解することが大切なんですね。




話す力より、まずは聞く力を身につける練習をしておけば


コミュニケーションスキルは向上しますし、


面接でも慌てずに回答することが出来ます。

 

 

 

文:梶田政宏(アビリティスタッフ代表取締役社長)

編:アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

 

 

button08_toiawase_04

 

◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社

 

 

◇アビリティスタッフ・Facebookページでも最新の情報をお届けしています。

アビリティスタッフ株式会社・Facebookページはこちら。