tensyokujirei-a

2016年11月30日

こんにちは、アビリティスタッフコンサルタントの高山です。


今回は、私達アビリティスタッフの過去の転職支援の事例としてひとりのエンジニアの方のケースを取り上げさせていただきます。


◇アビリティスタッフ リアルな転職サポート事例紹介 

弊社代表・コンサルタント 梶田政宏





■「システム運用から設計やコンサルタントなど上流に進みたいと考えていたエンジニアAさんのケース」





システム系アウトソーシング会社に勤めていた28歳のAさんは、入社以来運用管理の仕事に従事してきました。


複数のクライアント向けに24時間365日のシフト制で、モニタリングや障害対応の1次切り分け、必要に応じて障害対応などを行っておりましたが、4,5年も経つと今後の自分のキャリアに不安を持ち始めました。


というのも、ほとんどの作業や技術は既に習得しており新しいスキルアップができなくなっていると感じたのです。

そのために自分で勉強をしてベンダーの資格や、情報処理の資格などを取得しました。しかし心の中では不安は解消しませんでした。

そんなとき当社を聞いて面談に来て頂いたのです。


転職事例② (1)

◇将来の不安と焦りを抱えて




面談の中で、色々とお話を聞き、不安の根底にあるのは、今後ずっと運用監視しかできなくなってしまうのではないか、という焦りであると確信しました。


Aさんは資格なども自主的に取るなど、自身のスキルアップに関しては積極的に動かれていますが、どんなにがんばっても、現職での仕事に運用しかない場合はスキルアップや新しい技術の取得は大変難しいものです。


そこで、今までの運用スキルを活かしながら、システム設計や構築などの上流工程の業務に就き、最終的にはITコンサルタントを目指すキャリアプランを提案いたしました。


もちろん、提案だけではなく、このようなキャリアをステップバイステップで積み重ねることができる企業を合わせて紹介いたしましたし、企業側には予め状況を説明して途中で設計や構築部門への異動ができることを約束していただき、応募いたしました。



Aさんは性格や他人とのコミュニケーションに関しても全く問題無かったこと、自分自身で勉強して資格を取るなど姿勢が前向きであったこと、将来に関してもITコンサルタントまでしっかりした考えを持っていることなどから無事内定をいただき、入社することができました。



◇そして入社後





その後、Aさんは半年ほどは運用・監視系の部署で活躍しその後ネットワークやサーバの設計・構築業務に携わりスキルアップに励んでいるとのことです。


将来は良いITコンサルタントになれると採用した企業担当者からコメントをいただきました。


Aさんから後にメールをいただきましたが、面談で色々とお話を聞きながらまとめていただき、自分自身ではどのように進んで良いかわからなかったことが、話すうちにはっきりとイメージできてきたことが大変嬉しかったとのことでした。


大変ポテンシャルのある方と思っていましたので、良い環境に移れば必ず成功すると思っていましたが、実際アフターフォローでお会いしたときに嬉しそうな顔を見てほっとしました。




このように運用管理のエンジニアから上流を目指したいと考えている方は大変多いです。


一つの成功事例として参考にしていただければ幸いです。





アビリティスタッフ株式会社
転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


個人の方のお問合せはこちら

・法人の方のお問合せはこちら


◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社