業界注目のアビリティのヘッドハンティング。独自のノウハウ、日本発のメソッドとポリシーとは。 | アビリティの法人サービス解説①ヘッドハンティング

2016年11月30日

こんにちは。IT・インターネット業界に強いヘッドハンティング・採用・キャリアコンサルティングの会社、アビリティスタッフの高山です。




本日は弊社アビリティスタッフのご提供しているサービスの内容について少しご説明をさせていただきます。


アビリティスタッフはエンジニア出身の代表、梶田を中心として、個人の方の転職サポート、また法人の方には必要な人材を確保するためのヘッドハンティングから、採用代行までを行っています。




その中でも、本日は法人の方のためのサービス内容についてご説明をさせていただきます。




◇アビリティスタッフの法人向けサービス





アビリティスタッフは経営者の方、また採用ご担当者の方の人材採用に関わる適切なサポートをさせていただきます。




多くの経験と、豊富な人脈をもつ社長の梶田を中心としてサポート、コンサルティングをさせていただきます。




では、私たちアビリティがご提供する法人サービスの特徴をご説明をさせていただきます。




それは、独自のノウハウと、人と人とつなぐ心をこめたこだわりのアビリティメソッド。


今回は、そのアビリティの法人サービスの中から、ヘッドハンティングと、採用代行コンサルティングをご説明させていただきます。







◇アビリティスタッフの独自のヘッドハンティング





企業が必要なステージで、必要な人材を確保したいと考える場合、大きな課題があります。
それはやはり受身な形だけでななかなかタイムリーに人材に出会うことが出来ないということ。




それを解決するのがヘッドハンティングということになりますが、日本ではヘッドハンティングの歴史はまだ浅く、ヘッドハンティングサービスを行う企業をいくつかありながらも、その内容は玉石混合です。


なかには、非常に高額な依頼金を求めた上で、満足に活動出来ず、優秀な人材を確保出来ないというヘッドハンティング企業に出会った方も多いのではないのでしょうか。




採用や転職に関する大手企業はいくつかありますが、必ずしもそれらの企業はヘッドハンティングのノウハウを持っていません。




先ほども述べましたが、ヘッドハンティングの歴史が浅い日本では、独自のノウハウが必要なヘッドハンティングを計画、実行出来るコンサルタントが圧倒的に少ないのが現実です。






私、高山もかつて、大手人材会社での勤務経験がありますが、そちらもやはりヘッドハンティングの部分が弱点でした。




広告費とメディアでの受け身なアプローチに頼りがちな大手人材会社では、ヘッドハンティングが出来るコンサルタントが育ちにくいのです。




結果、ヘッドハンティングは、業界の経験が長く、人脈が多いベテランが独立して行うケースがほとんどです。




しかし、そういった個人の方々のアプローチは個人のキャラクターや人脈に頼りがちで均一した安定したサービスになかなかなりにくいところがあります。




そのため、企業としてヘッドハンティングを依頼しても、なかなか安定した結果につながりにくいというのが現実なのです。






それに対して、アビリティスタッフは完全に独自のヘッドハンティングのサービスを展開しています。




代表、梶田のIT・インターネット業界の幅広く深い人脈を中心とたサポートはもちろんのこと、すでにも何年も、日本に馴染んだ独自ヘッドハンティングのノウハウを構築しています。




具体的に少しご説明します。




ヘッドハンティングには強力な人材リサーチ力と、優秀な人材を口説くためのアプローチ&交渉力が求められます。これがヘッドハンティングの二本の柱であり、特に、リサーチ力の弱さは歴史の浅い日本のヘッドハンティング業界の大きなボトルネックです。




アビリティスタッフはその部分に着眼し、ずっと以前から、ヘッドハンティングリサーチに特化した企業などとの連携を含め、独自のノウハウを構築して来ました。




これが、アビリティのヘッドハンティングメソッドです。




独自のメソッドに社長の梶田の豊富な人脈とヒューマンスキルが融合して、現実的に解決出来るヘッドハンティングサービスとして、多くの実績と信頼をいただいています。






◇ヘッドハンティングにこそ大切にしたいのは。





このように、ヘッドハンティングは実はとても、手作りでカスタムメイドサービスの要素が大きく、経験とノウハウがものを言います。




そして、大切なことは、人を奪い取ってくるという気持ちでなく、本当に必要な人材と企業をつなぐ、出会いと活躍の場をつなぐという心からの思いです。




優秀な人材が、業界内で、ヘッドハンティングによりキャリアチェンジをするというのは、人材を賭けたチャレンジです。


ただ、その瞬間だけで良い、とったモラルもないような本当に「狩り」のようなヘッドハンティングは決して上手く行きません。


むしろ、採用する側も、ヘッドハンティングの企業も、それを決して忘れず、ご縁を大切にするという気持ちを忘れない手厚いサポートが大切です。特に日本の企業文化の中では大切になってきます。




こらが、日本発の新しいアビリティのヘッドハンティングメソッドであり、次回紹介するアビリティの採用代行コンサルティングにもつながってきます。




次回は、もうひとつの柱、採用代行コンサルティングについてご説明をさせていただきます。




いかがでしたでしょうか?アビリティのサービスについて、ご関心、ご質問がございましたら、いつでもご連絡、お問合せをお待ちしております。

 





優秀な人材をピンポイントでお探しの経営者、採用ご担当者の方、ぜひ一度、お気軽に私たちアビリティスタッフにご相談下さい。


アビリティスタッフ株式会社

転職・採用支援・ヘッドハンティングコンサルタント 高山彩香

——————————————————————–

アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


個人の方のお問合せはこちら

・法人の方のお問合せはこちら


◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社