社内SEは楽って本当なの?増加するCTO、社内SEのポジションの実際の大変さとやりがいとは?|エンジニア転職アドバイス①

2016年11月30日

photo credit: Launching via photopin (license)

◇増加するITやIT以外の業界での社内SE・CTOポジション





こんにちは。IT・インターネット業界に強いヘッドハンティング・キャリアカウンセリングの企業、アビリティスタッフの高山彩香です。


私たちアビリティスタッフが多く依頼を受けるのが、やはりIT関連のエンジニアのポジション。


中でも最近は、IT関連サービスだけでなくリアルな業界、例えば医療などの社内でのIT関連のポジションで良い人を探したい、という案件が目立ちます。


優秀なCTOや社内SEに来ていただいて、自社のIT部門を支えていただきたいと切望されている企業が多いですね。


具体的な案件はまたどんどんご紹介させていただきますが、そういった社内SEのポジションに関心を持っているエンジニアの方も多いでしょう。




一方で、お客さま相手の仕事に疲れ、社内SEが楽そうだから・・という志望理由を持たれるエンジニアの方が多いのも、また現実だと思います。




さて、そんな社内SEを検討されているかたに、実際のところはどうなのでしょうか?


今回はCTO、社内SEの実際のやりがいと大変なところ、両面について、弊社社長からアドバイスをさせていただきます。


——————————————————————————



◇社内SEって楽なの?CTO・社内SEの実際の大変さとやりがいとは?|転職を検討するエンジニアのかたへのアドバイス①



・・・アビリティスタッフ株式会社 代表取締役社長 梶田政宏










さて、色々なところで社内SEは楽?という質問やお話しを聞きます。


お客様のシステム開発に携わるSEが、お客様相手に疲れて


社内SEを希望する、というケースを聞きます。


確かに私のところにもそういった相談が多くあります。




私も、お客様相手のSEやプロマネおよび、社内SEや


情報システム部門の部門長も経験しましたが、


正直言って、どちらも大変です。




社内SEが楽とイメージされる一番の理由は


お客さんが社内の社員(社長含む)だから、


と言われますが、実は社内のユーザの方が


厳しいことは良くあります。




例えば、何かバグを出してしまったとき、


もちろん社外のお客様からのクレームも相当大変ですが


社内ユーザだからといって、優しくしてもらえるとは限りません。


逆に、お客様には言われないような、辛辣な言葉をかけられることもあります。


いわゆる”歯に衣着せぬ”という感じですね。


社外のお客様の方が、暖かいと思うケースも少なくありません。




社内SEの場合は、ユーザが常に身近にいるので


実際の仕事振りも常に見られますし、


プレッシャーもあります。


逆に、不明な点などはすぐに聞くことができますし、


システムが上手く稼働していると、喜びも身近に感じられます。


社内SEは自社のサービスについても、ビジネスの面でしっかり


理解していなければいけません。


このあたりも通常のSEとは、モチベーションが異なる点でしょう。




社内SEを考えている方は、将来的には是非CTOを目指して欲しいと思います。


CTOはエンジニアとして一つの目指すべき方向だと思います。






——————————————————————–

◇アビリティスタッフへのお問い合わせはこちら


(社長梶田、コンサルタント高山が全力でサポートをさせていただきます)

IT、インターネット関連でのキャリアアップをご検討のかた、また優秀な戦力を探している法人の方も、いつでもお問合せ下さい。


・個人の方のお問合せはこちら

・法人の方のお問合せはこちら


◇アビリティスタッフ ホームページ

 IT業界・ネット業界専門キャリアコンサルティング アビリティスタッフ株式会社